11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸水抜くまでどれくらい時間がかかるのか・・・・

前回の宣告があってから、すぐに緩和ケアの先生に相談しました。
そのO先生は、「少しでも楽になる処置はするべき」という考えで、
胸水ドレナージをしてくれる病院を探してくれる事になりました。

でも、やはりというべきか、そういう単発の願いを聞いてくれる程
日本の医療は成熟していません。
個人的なコネのレベルでの連携なので、自分たちの患者で
溢れかえっている処置室やベッドに余裕などないのです。

5日経って、ようやく本日某Gセンターでコンサルトの時間を頂きました。
そこで、改めて「胸水を抜くべきかどうか」を判断してもらい、
もし必要ならば、別の病院を紹介してもらってそこで処置、となりそうです。
一体いつになるのやら・・・・

呼吸苦や腹部膨満感は波がありますが、オプソが著効します。
今のところ夕方1回飲んで、少し休んでから、夜レンドルミンを飲むと
朝4時、5時までは眠れます。

足がむくんできたので、そろそろ利尿剤をもらおうかな、という感じです。

気持ちは・・・本当に穏やか・・・というか、変わらないです。
何度も言いますが、病気を治したいと思っている患者にとって
「死の準備」なんていうものは、出きっこないのです。
そうしている、という人は、そのような演技をして酔っているのではないでしょうか?

一日一日です。
やっぱり今日食べるもの、今日すること、明日までにすること、などを
淡々と考えるものです。
泣いている暇もあんまりありません。
スポンサーサイト

あと3日・・・かも?

先週の木曜日にあまりに呼吸苦が強くて、横に成るのも辛いので、
翌日大塚まで連れて行ってもらいました。
案の定、胸水が増幅して、肝臓も正常肝は少なくなっていました。

提携している病院にすぐにでも入院できる準備をして、
「せめて胸水だけでも抜いてもらえる」と期待していたのですが、
主治医の反応は非常に厳しいものでした。

「この状態で、つまり、ここまで厳しい状態で、
一時しのぎでも胸水を抜いてリスクを犯すことは
得策とは思えない。
入院したければしてもよいけど、麻薬の処方とステロイド、
あとは眠剤・鎮静剤で眠れば呼吸苦はなくなります」と・・・・・

その程度の治療なら在宅クリニックでもやってもらえるよ!
と思って逡巡していると、
「あと3日かもしれないし、もう少し長いかもしれないけど・・・・
それは誰にも分かりません」とさらりとおっしゃりました。

え?3日かもしれないわけ?

それはそれは、あっという間ですね。
死神くんがきたような気がしましたよ。
とりあえず、家に帰ることにしました。

抗癌剤は点滴も内服もすっかり止めて、
あとは漢方薬や在宅クリニックの先生の指導のもと、
本当の意味でのターミナル生活に入らなければなりません。

家の中ではなんとか動けますけども、誰かしらいると
「あれとって、これとって、あれやって、これやって」
の連続で、本当に介護生活です。
実際、介護保険の認定の方が区役所からいらっしゃいました。

先生は、「3年以上最後の事を考える猶予があった」とおっしゃいましたが、
それだけは、全くの誤解です。
病人は、できるだけ右肩上がりのことを、現実的に期待して
治療を受けているものです。
分かっていても「悪化」するというのは、想定していないんですよ。
死の準備なんてものは、そうそうにできるもんじゃありません。

3日かもしれないと言われても、全然死ぬ準備をする気にはなれない私です。

介護用ベッドが突然やってきた

大塚では腫瘍の治療を受けていますが、平行して近くの
緩和ケアのクリニックにも通っています。
先日は、歩くと苦しい旨を伝えて往診して頂きました。
そもそもが在宅緩和ケアのクリニックなので、
そういうことも可能なのだと思います。

せっかちを自認する私ですが、この先生のせっかちは
本当に半端じゃなく、何でもすぐに対応してくれます。
酸素なんて、電話してものの30分で設置完了!でした。

で、往診して頂いた時に、
「フラットの布団で寝るのはちょっとキツイんですよね・・・」
と、布団の下にクッション等を入れているのをお見せしたところ、
早速色々電話して手配して下さって、2時間後には
ギャッジアップできるベッドが設置されました。

あれよあれよ・・・です。
ケアマネの方もきて、なんだかすっかり介護生活突入です。
暗くなる暇もないくらい怒涛の変化です。

とりあえず、ギャッジアップして寝ると楽です。
先のことを考えるのは後回しにします。

IMG_2589.jpg

ネットスーパー・デビュー

もともと、アマゾンなどは常連で、かなりネット通販を利用していましたが、
ネットスーパーは使ったことがありませんでした。

生協もやっているので、重たいものはなるべく生協で頼み、
細々したものは実際にスーパーに行って買っていました。
行けたから。
車を使ってでも、スーパーに買物に行くくらいはどうってことなかったのです。

このひと月、いや、半月くらいで状況はすっかり変わり、
近くのコンビニにも行けず、ひどい日にはマンションの階段を1階分も
上がれない程息苦しくなってしまいました。

酸素が届いて随分楽になったので、ボンベを使えばスーパーには
きっと行けるようになると思いますが、
重たいものを運ぶのはきっと無理(>_<)
今週は生協も頼み忘れていたので、ティッシュも無くなりそうだし、
ビール(旦那がしこたま飲む)も底をついてきたし、
細かいことところでいうと、ウェットティッシュや洗剤も残りわずか。

と、逡巡していたのですが、ネットスーパーというのが有るじゃないか!
デビューしました。ビールが入るとすぐに送料無料になるし、
本当に助かる時代です。

HOT導入

安静時でもSaO2は90台前半、動くと80台まで低下してしまうので、
HOT(在宅酸素療法)を使っている患者友達に相談しました。
聞いてみると私のほうが重症(汗)。

近くでお世話になっている緩和ケアクリニックに電話で相談しました。
そしたら、なんと15分後には業者さんが来て設置して下さいました。
安静時1LでSaO2も97以上キープできるし、動いても90台中盤をキープ。
自覚症状もとてもとても楽になりました。
HOT.jpg

あとは、ボンベを使っての外出がどうなるかは分かりませんが、
もう恥も外聞もありません。
どんな手を使っても楽に過ごそう、と思っております。

プロフィール

yuikomachi

Author:yuikomachi
乳がんステージⅣ。
低用量抗癌剤治療を受けています。
病歴については8回シリーズのブログ(第一回はこちらをご覧ください。
6歳男児あり。

元ナース、CROの経験を生かして、在宅でメディカル翻訳しています。

最新記事

日本ブログ村

カテゴリ

Twitter

    follow me on Twitter

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。