FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーカーも上昇

熱のイベントがあまりに強烈だったので書き忘れていましたが、
マーカーもまんまと上昇していました。
CEAがジリジリと上がっていたのが、ロゼウス開始後30くらい下がり、
その後のパージェタで劇的に下がるか!と期待していたのに、
50くらい上昇していました。
いまや500超えです。

昨年末頃の肝臓のイベントでは800を有に超えたので、
まだまだ行けます^^;
なんて、笑っていられるのはいつまででしょうか・・・・。

主治医に「パージェタの効果を判断するのは時期尚早でしょうか?」
と聞いたところ、半減期の話やら、投与法の話やらをしてくれた後、
「ひと月やそこらでは簡単に数字には現れない」と。
最初に言って~!!!
他にもパージェタ開始後マーカーが上昇して気落ちしている患者は
何人かいるのですが、そういう話を聞いていれば期待値も
もう少しは小さかったと思うのですが・・・・。

昨日は37度台で落ち着き、今朝は久々の36.5度。
この体温だと本当に動きやすい。起きるのも随分楽です。
もともとの平熱に近いです(大体36度前半)。

今は「温める」健康法が流行っているようだし、
ハイパーサーミアに代表されるように、がん治療でも「冷え」は大敵という
イメージが強くなっています。
私も、東洋医学的には「冷え」体質なので、何とか代謝を上げて、
体温を上昇させたほうがいいに違いない、と信じていました。

でも、玄米菜食や長引く高熱などを経験してみて、
冷え体質には冷え体質なりの理由があるのかもしれない、
と思うようになっています。

なんでも、「改善しよう」「鍛えよう」「より良くより良く・・」
と思ってしまうタチなのですが、それもどうなのかなぁ、
と強く思います。
弱い体質は弱いなりの理由もあり、生き方も有るんじゃないかと。
私の場合、「冷え」体質そのものよりも、それを何とか改善しよう!
という、「人間向上可能説」に基づいた生き方そのものが
無理があったんじゃないかと思ったりもします。

いいんです。弱くても。
冷えてても仕方がないんです。
分からないけども、きっと理由があるんでしょう。
だって、低めでも平熱に近い方がが動きやすいし、
時々肉食べないと冷え過ぎちゃうし、
「健康というのはこういうもの」というモデルと
私の現実はあまりにもかけ離れているわけで、
今の自分でいいことにしようと思います。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

yuikomachi

Author:yuikomachi
乳がんステージⅣ。
低用量抗癌剤治療を受けています。
病歴については8回シリーズのブログ(第一回はこちらをご覧ください。
6歳男児あり。

元ナース、CROの経験を生かして、在宅でメディカル翻訳しています。

最新記事

日本ブログ村

カテゴリ

Twitter

    follow me on Twitter

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。