FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トモセラピー半分修了

トモセラピー全20回のうち、半分以上の13回が終了しました。
大きな副作用はありません。
往復4時間以上の通院のせいか、副作用のせいか、いつも疲れていて、
帰宅するとまずは横になる・・・通院のみの毎日を送っています。

10回目が終了した頃、脱毛の量が急増しました。
あまりにうっとうしいので、1~2cmくらいに短くして(旦那に手伝ってもらった)、
いつも帽子を被って髪の毛が散らからないようにしています。
正直なところ、ボーズになったショックよりも、
脱毛した髪の毛の処理が私の頭を悩ませます。
今になると、治療前に剃髪するべきだった!!!と思いますが、
実際その決心はつかなかったでしょう・・・。

昨年秋から、右眼に泡のような丸いものがうっすら見えていて、
眼科で診てもらったところ、「加齢変化」と言われました。
そう言われたら受け入れざるを得ないので、少々見づらくても
我慢して過ごしておりました。
それが、治療開始後みるみる改善。
つまりは、転移巣に関連した症状だったわけです。
もう秋には転移していた、ということですね。。。。

「闘う」ということについて前回考えたのですが、
この言葉は戦闘的で、破壊的で、攻撃的なイメージが強い。
正直なところ「闘病」というと、ちょっと居心地が悪くなります。
そんな時、サッカー選手でスペイン代表のシャビー選手を特集していた
NHKの「ミラクルボディー」という番組を見ました。
スポーツでの「闘い」は、決して破壊的ではありません。
肉体的にも身体能力的にも不利な選手が巧みに攻撃を仕掛ける。
そこには、集中力と直感力、瞬時の判断力が求められる、
といった(かなり大雑把ですが)内容だったと思います。

病気と闘うのも「考える」こと、「判断すること」が
とても重要だなぁ、と思います。
基本的には体力も免疫力も衰えた状態で病気が発症するわけで、
真っ向勝負を仕掛けて勝てるのは相当な基礎体力の持ち主かも知れません。
私も当初は食事療法やら、免疫を上げる様々な方法を試しましたが、
単純に体重が減っただけでした^^;
自分の体質、目標、資源、環境、様々な要素をよく把握し、
今できるベストを選んで行かなくては、勝ち目は無いといえます。

私は、ディフェンダーを素早くかわしてドリブルを繋げる能力よりは、
パスをつなげて、ゴールに近づく方が向いているように思います。
自分で前に進むことに集中せずに、色々な資源や情報を活用して、
隙間をぬってゴールを目指す、そんな闘い方をしたいんだな、
と改めて思いました。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

yuikomachi

Author:yuikomachi
乳がんステージⅣ。
低用量抗癌剤治療を受けています。
病歴については8回シリーズのブログ(第一回はこちらをご覧ください。
6歳男児あり。

元ナース、CROの経験を生かして、在宅でメディカル翻訳しています。

最新記事

日本ブログ村

カテゴリ

Twitter

    follow me on Twitter

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。