FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚バラ肉の唐揚げ

以前、自己流の玄米菜食であまりうまく行かなかった経験から、
食事療法というものに興味が無い・・・というより嫌悪感を持っていました。
でも、ここに来て改めて「食」というのは生きる上で大切だと実感しています。

原因は分かりませんが、腹部がどうにも不快感で一杯で、
常に膨満感があります。
肝臓の腫瘍による圧迫か、胃腸の機能低下なのか分かりませんが、
食べるものによって食後の不快感は明らかに異なります。
痛みを経験してから、食事に気を使うようになりました。

最も信頼する漢方薬の先生は、私の体質を知り尽くしてくれています。
先生曰く、私の場合炎症があって「熱」を持っている部分もあれば、
血液が滞って「冷え」ている部分もあるので、身体を温めるものも
身体を冷やすものもバランスよく食べる必要があるそうです。
温野菜、生野菜をメインに、肉をその半分くらい(適当に)というのが、
私の身体には優しい気がします。

さらに、腸の機能が落ちやすいので、スープやジュースではなく、
「噛む」ことによって腸を刺激する必要があるともアドバイスされました。
スープは消化もよくカロリーも摂取できるので、積極的に食べてきましたが、
こちらも割合を減らすことにしました。

ある晩の食事。
夕食

我が家のブームは豚バラ肉の天ぷら。
生野菜サラダとナムル、小松菜のゆでたもの、に加えてキムチで乳酸菌も。
肉は普通は5-6切れは食べられると思いますが、
私は2枚で、新しょうがをたっぷり乗せて食べると美味です。

数年来、両親と食事を共にしており、母親に料理を任せてしまう日の方が
多かったのですが、このところは協力して一緒に作ります。
二人で作ると時間も短縮され、品数も増えます。
そして、料理をする、ということは病人にとって有益だ、と最近思います。
何が食べたいか、どのように味付けたいか、どの程度食べたいか、
料理をしながら調節することができるからです。

これに加えて、痛みが出る前よりも数倍の乳酸菌を摂取しています。
ヤクルト、ぬか漬け、漬物、ヨーグルト、、、、などなど、
1日かけて少しずつ摂取しています。

大した量を食べられるわけではありませんが、
「食」というのは楽しいものだな、と思い始めています。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

yuikomachi

Author:yuikomachi
乳がんステージⅣ。
低用量抗癌剤治療を受けています。
病歴については8回シリーズのブログ(第一回はこちらをご覧ください。
6歳男児あり。

元ナース、CROの経験を生かして、在宅でメディカル翻訳しています。

最新記事

日本ブログ村

カテゴリ

Twitter

    follow me on Twitter

    月別アーカイブ

    最新コメント

    最新トラックバック

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。